消費者金融の審査 | あなたは審査に通る人or通らない人どっち?

消費者金融の審査 | あなたは審査に通る人or通らない人どっち?

消費者金融の審査は、2010年の改正賃金業法により、以前に比べて審査が厳しくなったと言われています。というのも、金利が上限20%までに設定されたので、消費者金融の売り上げが下がることが予想されるため、下手に返済でなさそうな人には貸さなくなっているのです。

 

当サイトでは、「消費者金融の審査基準」「審査に通る人とそうでない人の特徴」「審査に通るちょっとしたコツ」を順番にわかりやすくご紹介します。

 

 

 

消費者金融の審査基準って?

消費者金融で審査に落ちて、なんで落ちたのか?電話やメールで聞いても、総量規制の対象外で審査に落ちた場合のみ、教えてくれることもありますが、消費者金融側は落ちた理由を一切開示してくれません。とは言え、基本的に審査基準は消費者金融の申し込み書から逆算することができます。まずは下記の画像をご覧ください。

消費者金融の審査 | あなたは審査に通る人or通らない人どっち?

 

これはモビットの申し込み書です。モビットなどの消費者金融はインターネット(スマホ含む)から申し込みが一般的なので、こういったパンフレットの存在すら知らない方もいるかもしれません。この申込書は、審査と大きく関わっています。というのも、当然なのですが、この情報を元に審査を始めるからです。上記のパンレットで赤で丸を付けている部分が、恐らく審査と大きく関わるのではないかと思います。

 

その項目とは

消費者金融の審査 | あなたは審査に通る人or通らない人どっち?

  • 就業形態
  • 社員数(会社規模)
  • 最終学歴
  • 住居年数
  • 毎月の家賃
  • お仕事の内容
  • 年収
  • 入社年月
  • お勤め先の種類
  • 他者無担保ローンの借入額

この申込書1つでこれだけの審査項目があると考えられます。こんなにいっぱい審査項目があるなんて・・・と驚いたかもしれません。貸す側も近年慎重になっているのもまた事実です。

 

1点注意してほしいのが、審査に通りやすくするために虚偽の情報を入力しても、必ずバレますし、バレたら信用がないということで審査が通らなくなる可能性が高くなるので注意してください。

 

さて、ここで消費者金融の審査で最も重要なことがあります。それは、信販系信用情報機関や消費者金融系信用情報機関への照会です。これは、審査が通るかどうかの決め手となることが多いです。下記で具体的に解説していきますね。

 

信用情報機関への照会とは?

あなたが以前、お金を借りた履歴を、消費者金融会社はチェックします。その履歴が保管されているのが、信用情報機関です。大体の消費者金融は「CIC」「日本信用情報機構」にあなたの履歴を照会します。そして、問題がなければ、審査に通過しやすくなります。

 

信用情報機関で問題とされる点

過去に借金の返済が大幅に遅れたり、5年以内に自己破産や債務整理等を行っていると、信用情報機関で履歴が残り、審査に落ちる原因となってしまいます。

 

 

消費者金融の審査に通る人と通らない人の特徴とは?

※消費者金融は審査基準を正式に発表していないゆえ、ここでご紹介することは、一般的に言われていることであって、絶対ではないのでその辺はご了承ください。

 

職業・収入編
通りやすい職業と実際に通った収入例

最も審査が通りやすいと言われているのが公務員です。倒産するリスクが非常に低く、収入も年功序列で上がりますので、貸す側としてもこれ以上のことはない条件が揃っているのです。どこの消費者金融でもそうですが、安定した収入があれば審査できます、と記載されていることが多いですが、そもそも安定した収入とはどういう基準なのでしょうか?。私はアルバイト時代にプロミスの審査に通過した経験があります。その時は、月収12万円程で、そのアルバイトを初めて4ヵ月くらいでした。私の基準をベースとするとこれくらいあれば、安定した収入と定義づけ出来るのかもしれませんが、消費者金融側がそういった情報も開示していないので、絶対とは言い切れません。判断の目安として頂ければ幸いです。

 

審査に通らない職業・収入例

審査にほぼ100%通らないのが、無職や専業主婦でパート等を一切行っていない方です。最近では、本当に審査が厳しくなっていて、審査通過率も約3割と言われているくらいで、その中に当然無収入の方の割合が多いでしょう。夜のお仕事や人には言えないような職業の場合は審査はどうなるの?と仲の良い女友達に聞かれたことがあるのですが、俺に聞かれても・・・って感じだったのですが、消費者金融に電話で聞いてみると、本人の審査をしてみないとわからないとのことでした。プロミスでも「風俗業」という項目やその他の項目があるので、正直に入力した方が、嘘をつくよりかえって審査に通過する可能性もあがるかもしれません。↓

消費者金融の審査 | あなたは審査に通る人or通らない人どっち?

 

審査に通るちょっとしたコツ

「これから初めて消費者金融に申し込もうと思うけど審査が通るか不安・・・」「既に消費者金融に申し込んだけれど結果はダメだった・・・」こういった方が非常に多いようです。かつての私も、初めて申込した消費者金融では審査が通りませんでした。そして、2社目でなんとか審査が通りました。アルバイトで月収もそれほど多くなかったのですが、2社目の際にどうしても審査に通過したかったので、親戚のクレジットカード会社に勤めている方にアドバイスを頂きました。その情報をここで皆さんにご紹介しようおと思います。

 

一気に複数の会社に申し込まない

これはよくクレジットカードに申し込むときに、言われていることです。複数の金融会社に申し込むと怪しまれます。消費者金融でも同じで、複数の会社へ同時に申し込みことは辞めておいた方が良いでしょう。会社が違うとバレないのでは?と思われるかもしれませんが、信用情報機関に、あなたが消費者金融へ申込したことが履歴として残っています。「アイフルに11月12日に申し込み」「レイクに11月18日に申し込み」このような情報がしっかり残ります。なので、1社に的を絞って申し込みをしましょう。

 

嘘は一切付かない!虚偽の申請もしない!

私はプロミスで借り入れしていた際に、どうしてもお金が必要になり、プロミスに増額を申請したのですがあえなく撃沈。そこで、アコムに新たに申し込みをしました。その際に、他者からの借入額はいくらですか?とオペレーターの方に聞かれた際に、20万円です。正直に答えました。他者からの借り入れ額が多いと審査が通りにくくなるのでは?と思い、借入額を少なく言っていたら多分審査に落ちていたでしょう。というのも、向こうはこちら側の借金状況を知ったうえで聞いてきているのです。予め信用情報機関へ履歴照会をしているからです。要は、信用できる人なのか?嘘をつかないか?試しに来ているということですね。なので、これから消費者金融の審査の際には正直に答えるようにしましょう。

審査が甘いor通りやすい消費者金融は怪しんだ方が良い

審査が甘いor通りやすい消費者金融はあるのでしょうか?と言われと、はいありますと私なら答えます。ただし、そんな消費者金融は、闇金や違法な取り立てをする高利貸しと決まっています。どうなっても知らないよと。2010年の改正賃金業法により、金利は20%が上限で、年収の3分の1までしか借り入れもできなくなりました。

 

そのため大手と言われる「プロミス」「アコム」「レイク」「ノーローン」「アイフル」「モビット」といったまともな消費者金融の審査は年々厳しくなっています。大手よりも比較的審査に通りやすいと言われているのが中堅消費者金融です。

 

ただ、最近では中堅消費者金融でさえも中々審査が通らない方も多いようです。そういった方の典型が大手消費者金融で数社断られてすぐ、中堅消費者金融に申し込むも、だめ・・・といった具合です。短い期間の間に何社も申し込むと信用機関に履歴が残り、審査に落ちたことも履歴に残ります。なので、大手でたくさん断られている人は、中堅消費者金融も怪しんで断る傾向があります。