消費者金融の審査。ローンの存在と延滞情報が与える影響。

消費者金融の融資前審査においては、それぞれの消費者がもつ様々な情報を総合的に評価したうえで最終的な判断が下されるようになっています。

 

さて、そうした中では一見すると消費者金融には関係のないような情報も評価の対象として取り扱われるようになっているのですが、それでは「ローン」や「延滞」といったような情報は審査に対してどのように影響を与えるのでしょうか。

 

まずローンについてですが、これは基本的に「プラスの評価にはならない」ということになりますが、同時に「よほどの状況でなくては融資をしてもらえない原因にはならない」ということにもなっています。

 

消費者金融では消費者の年収によって融資上限が定められる「総量規制」の影響を受けることとなっていますが、自動車や住宅などのために借り入れたローンについては、総量規制の対象外になります。

 

ですから、これについては「返済が非常に苦しい状況になっている」というような場合でもなければさほど気にする必要はありません。それよりも大きな問題になるのが「延滞」の情報についてです。

 

これは例え数日であっても「融資の契約に違反したことがある」という事実になってしまいます。約束を破る人に対してお金を貸したいというような人はいるわけがありませんから、延滞情報があるというような場合には審査は非常に厳しいものになるということを覚悟しておいた方が良いでしょう。