消費者金融の審査申込書に書く借入件数には完済分は不要

消費者金融の審査申込書には他の貸金業者からどれぐらい借りているのかという項目があります。書かないといけないのは何社から借りているのか、いくら借りているのかの二点というのが一般的です。

 

たとえばある貸金業者から10万円、別の貸金業者から20万円借りているのであれば、借入件数は2件で、借入額は30万円ということになります。

 

この件数に含めるのは、あくまでも相手が会社の場合で個人からの借り入れは問いません。なので、もし知人から100万円の借金があるという場合でも、それを書く必要はありません。

 

また、審査の申込先が消費者金融の場合、クレジットカードのキャッシング額は除くという条件がついている場合もあります。なので、その場合、クレジットカードの債務が50万円あったとしても、いれを書き入れる必要はないのです。

 

それと、過去に借り入れをして、もう完済したという債務についても書く必要はありません。書く必要があるのは、現在の債務額です。

 

もし、よくわからない場合はだいたいでも問題ないとしている消費者金融が一般的です。たとえば、実際の債務額が100万円で、申込書に書いたのが95万円だったとしても、審査でマイナスになることはまずありません。ただ、あまりにも実際の債務額と記入した額が違う場合はいい印象を与えませんので注意しましょう。