消費者金融で行われている融資審査の内容

消費者金融では融資を行う際に必ず審査を行っていますが、内容に関しては公表されていないのが現状です。金融業者によって基準が異なっている場合もあり簡単には判断できませんが、基準に関しては申込者の信用度が重視されます。

 

信用情報機関の登録内容が確認されますし、年収や勤務先。勤続年数など返済能力があるか確認されていいるのです。その他に消費者金融では総量規制がありますので、他社の借り入れ状況に関しても確認されています。貸金業法では、年収の3分の1を超える融資は行えませんので、他社からの借入状況によっては審査に通らない場合もあるのです。

 

消費者金融は金融業者の中でも審査基準が厳しくありませんが、それでも法律の定めに関してはしっかりと守った経営がされているため、基準に満たなければ審査に通ることはないのです。

 

消費者金融では申込者の属性を見極めるために確認が行われますが、他社からの借り入れがなく信用情報機関に金融事故の登録がなければ基準を満たすのが基本と言えます。

 

ですから10秒程度で融資は可能かどうかの判断ができるのです。消費者金融では金利が高いため審査に通りやすいですが、基準が厳しいほど低金利で融資が行われます。